小額投資(国内ETF編)

【小額投資(国内ETF編)】*1万円前後を投資することを前提にしています。

株式投資やミニ株投資、銘柄を選ぶのに少し自信がない、何を買っていいかわからないという方は通常の株式投資やミニ株投資とづ用の取引が可能なETFがお勧めです。

ETFとは、特定の指数、例えば日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)等の動きに連動する運用成果をめざし、東京証券取引所などの金融商品取引所に上場している投資信託です。

国内に上場しているETFは数多くあります。個別銘柄よりもリスクはかなり低減できます。管理人は国内に上場しているETFの中でも1万円程度で購入可能、更に分配金(配当金のようなもの)を安定的に出している商品がお勧めとして考えています。

1. 国内ETFを上手く購入するコツ

SBI証券のスクリーニング機能を使います。投資額1万円の他は条件なしで検索をすると沢山のETF銘柄群が抽出されます。

非常に沢山あるうち、自分は何に投資をしたいかを考えたらスムーズに銘柄を探し出すことができます。管理人は以下の銘柄を購入しています。

1398 SMAM 東証REIT指数上場投信(3月・6月・9月・12月に分配金)

1476 iシェアーズ Jリート ETF(2月・5月・8月・11月に分配金)

1497 iシェアーズ 米ドル建ハイイールド社債ETF(1月・4月・7月・10月に分配金)

1555 上場インデックスファンド豪州リート(1月・3月・5月・7月・9月・11月に分配金)

注意:1398及び1555は10株から通常売買が可能なので両銘柄はミニ株が対象になります。その他1476、1497については1株から購入可能なので通常の売買が可能です。

如何でしょうか?国内に上場している4銘柄を購入することで毎月分配金がいただけます。銘柄が自分で探せないときはETFを検討してみるのも良いかもしれません。

注意:国内に上場しているETFは1株から購入できるものが多いです。そのため、アクティブプランをフル活用して手数料を支払わずコツコツと買いそろえていくことが重要です。

以上