小額投資(積立編)

小額投資の短所。大きく利益を出すことができない。

ちまちました取引で面白くない等が挙げられます。

そんな投資家には積立て投資がお勧めです。

積立投資には株式、投信、ETF、為替など様々な商品に対して投資することが可能です。また、積立の頻度も月一度、週に一度、毎日と自分で設定できるのも嬉しいですね。

購入数や投資額も自分で決めれるため積立投資に関してははじめにその設定をしておくだけで後は手間いらずということが最大の長所だと考えます。

1. 積立投資の長所

・コツコツ積み立てることで少額資産が期間が経つにつれて大きな資産になります。

・はじめに積立ルール(積立の頻や積立額)を一度設定するだけで後は手間いらず自動で売買ができます。

・超小額から可能なので初心でも比較的安心して購入できます。

・ドルコスト法により購入価格が平均化されて高値掴みなど初心によくみられるリスクをある程度回避できます。

2. 積立投資の種類

・株式をコツコツと積み立てます。カブドットコム証券の「プレミアム積立」等が有名です。

・投資信託をコツコツと積立ます。こちらはほぼどの証券会社でも取り扱っていますが投資信託の種類が多すぎて何を購入して良いか分かりません。SBI証券などでは積立投資信託の人気ランキングなどが公表されているので参考にするとよいでしょう。

・国内ETFや海外ETFは1株から購入が可能なので積立と言いうよりコツコツと資金があるときに購入していく方が良いように思います。

・為替の積立は各取扱い会社によってルールが異なります。管理人のお勧めはSBIFXという会社になります。積立以外にも1通貨から売買できるので小額投資家には必須です。もちろん積立も毎日、毎週、毎月を選択して1通貨から定期購入が可能です。

小額投資マニアの管理人は毎月のお小遣いでコツコツと株式や為替の積立をしています。

積立で結果を出すためには長期間根気よく継続をしていく他ありません。ある程度時間が経過してくるにつれて積立の威力がはっきりとわかり始めるのでそれまでは辛抱して積立をしてみましょう。

ある程度、取扱い会社に資金を入れておくと後は自分の決めた積立ルールに準じて確実に定期購入してもらえるので管理は楽です。