米ドル/円手動トラリピ順調スタート

1月25日の記事「トルコリラか米ドルか悩ましい(悩」の続編記事になります。

10万円を下にしたメイン口座についてユーロ/トルコリラを米ドル/円に移行した件。

移行理由はトルコリラの動向が不安定で大いにリスクがある。半面、米ドルは比較的安定している。

ユーロ/トルコリラを5,000通貨保有、1月の金利が9,000円になっていました。それを補填すべく米ドル/円を手動トラリピで運用。1回の利確を1,000円として月に9回以上の利確を目指していきます。

つまり、ユーロ/トルコリラの金利分を米ドル/円の手動トラリピで補填するという作戦。

1月25日から開始していますが利確が既に6回と順調なスタートをきっています。この調子だと1月に9回以上の利確は大丈夫みたいです。

手動トラリピで上にも下にも網を張って待っているだけの投資なので超素人向きです。XMのレバレッジは最大888倍なので小額でも沢山の網を張ることができます。国内ではまず無理です。

米ドル自体、円高になるのか円安になるのか想定が付きません。今後も米ドル価格が上下に適度に触れてくれれば申し分なしです。

朝、昼、夕、夜の4度、利確状況を確認して利確していれば追加注文するのみです。

海外FX XMで手動トラリピ>>>口座開設

FX投資は沢山の投資家が参戦していますが安定的に利益を出している投資家は少ないようです。

私の行っている手動トラリピもリスクはありますが、通常の根拠のないFX投資よりは断然優位だと思っています。一方的な円高にならない限り安定的に利益が出せると考えています。